マイカーローンの審査では勤務先も見られるの?

ローン審査する男性

 

マイカーローンの審査では、年収の40%とか50%などと言われていますので、年収が一番重要だと思われがちですが、勤務先も見られます。

 

マイカーローンでは3年〜5年程度かけて返済をしていくことも多いので、5年後の収入なども考慮されます。

 

正社員で働いている人は定年まで勤めていることが予想できるので、有利です。

 

正社員の人は給料が上がっていくことも、有利なポイントです。

 

派遣や契約社員の人は、契約期間が終わると失業のリスクがあるので、それだけ余裕をもったローンを組まなければなりません。

 

 

正社員の人でも、勤務先が中小企業であると不利になることもあります。

 

なぜなら、会社が倒産してしまえば失業してしまう上、退職金も出なくなることがあるからです。

 

倒産まではいかなくても、経営状況が悪化すればリストラをされる可能性も上がります。

 

 

とはいっても、日本の企業の99%は中小企業なので、正社員で働いているなら、銀行のマイカーローンでも可能性はあるでしょう。

 

リスクも考慮した上で余裕のあるローンを組むことが重要です。

 

契約社員の人でも、頭金を多めに用意するなら審査に通る可能性があります。

 

不安な要素がある人は、頭金を多めに用意することで、解決できることがあります。

 

マイカーローンの審査では、年収、勤務形態、勤続年数など、さまざまな項目が総合的に考慮されます。

 

1つのポイントで不安があっても、他のポイントで挽回できることがあるので、諦めずに信用を高める努力をしておきましょう。