マイカーローンの事前審査のメリットと注意点

ローンシミュレーションする電卓

 

マイカーローンの事前審査とは、仮審査と呼ばれることもあり、銀行や信用金庫で借りるときに利用できるものです。

 

「インターネットから仮審査に申込みをしている」といった条件を満たすだけで優遇金利が適用されることもあります。

 

あらかじめ公式ホームページを見てお得なキャンペーンなどをやっていないか確認しておきましょう。

 

マイカーローンの事前審査には、大きなメリットがあります。

 

それは、車を決める前に、与信限度額を知ることができるという点です。

 

車を決めていなくても、車を探そうと思っている時点で、申込みができます。

 

審査の結果、200万円まで融資可能という結果になったら、それを参考にして車を選ぶことができます。

 

もちろん、ディーラーローンのほうが審査には通りやすい傾向があるので、ディーラーローンならもっと大きな金額を借りられるかもしれません。

 

 

マイカーローンの事前審査のもう1つのメリットは、インターネットから手軽に申し込めるということです。

 

また、1社に決める必要はなく、複数の銀行の仮審査に同時に申し込むこともできます。

 

あまり申し込みをしすぎるとブラックになってしまうので、月に4社以内におさえておくべきでしょう。

 

本審査への申込みや、正式契約時には窓口まで行かなければならないこともあります。

 

マイカーローンでは、300万円以上の高額なお金を借りることもありますので、十分に比較をしてから借りることが重要です。

 

メガバンクやネット銀行だけでなく、地元の銀行などもチェックしておきましょう。

 

 

マイカーローンの与信限度を知る方法

マイカーローンの与信限度は、年収の40%とか50%などと言われていますが、金融機関によっても異なります。

 

ディーラーローンなら、個人信用情報に問題がなければ50%くらいまでは借りられる可能性は高いかもしれません。

 

銀行の場合は、無担保・保証人なしで借りるので、難易度は上がります。

 

マイカーローンの与信限度を知るためには、仮審査に申し込みをしてみることです。

 

申込みをしすぎると申込ブラックとなってしまいますが、月に4社くらいまでなら大丈夫でしょう。

 

仮審査への申込みは、インターネットからできる場合が多いので、まずはいくつかの金融機関の仮審査に申込みをしてみましょう。

 

ネットバンク、地方銀行、信販会社など、複数の候補からよさそうなものを選んでみましょう。

 

金融機関によって基準は異なるので、4社ともネットバンク系に申込みをするよりも、地方銀行や信販会社にも1社ずつ申し込みをしてみるというように、系列を別にすることがおすすめです。

 

 

与信限度を決めるポイントとして重要なものは、年収だけではありません。

 

勤務先の安定性、勤務形態、勤続年数なども重要になってきます。

 

契約社員や派遣社員でもマイカーローンは組めますが、同じ年収でも正社員の人よりは不利になります。

 

仮審査だけならその日のうちに結果が出ることもあるので、特に急ぎでないのなら、1社ずつ申込みをしたほうがいいかもしれません。

 

ディーラーローンはブラックリストにのっていない人なら可能性はありますが、銀行のマーカーローンは過去1年以内にクレジットカードなどで延滞をしていると難しくなります。

 

マイカーローンの返済を滞納した経験

車を買おうと思ったのは20代中盤の頃。

 

買い物をするにも遊びに行くにも交通の便が悪く、マイカーへの憧れもあって勢いのみで購入。

 

当時は社会人だったけど貯金もあまりなくて頭金ほぼなし、ローン7年、ボーナス年2回各8万で契約。

 

正社員だったしすんなりローンは通りました。

 

保証人として実家の電話番号を書きましたが、電話をしたりはなかったです。

 

支払は口座引き落としで給料日後と自分で決めることができました。

 

もし休日に重なってしまった時は支払が給料日後に必ずなるようにと車屋さんが丁寧に説明してくれてとてもわかりやすかったです。

 

 

私は正社員ではあったものの安月給だったので月1万円を7年に、1番長い支払い年数を選びました。

 

ローンが終わるまでは所有者は買った車屋さんであることも説明されました。

 

それから数年で結婚、出産して自分の状況が少しずつ変わっていき、自分のお給料も無くなり、支払いが厳しくなってきました。

 

月1万円が払えず滞納すること毎月…。

 

車を買った店からではなくローン会社から口座引き落としできませんでしたという手紙と払込書が一緒に届き、それでも払わないと毎日数回の着信が…。

 

払うとピタッと着信がなくなり翌月また手紙が届き着信があって支払いをしてピタッと着信がなくなり…の生活がつづきました。

 

1番長くて2カ月滞納してしまい、その時は期日までに支払いがないと車を返して貰いますという内容でした。

 

そのような生活が続いていたときローン会社から連絡が全くなく、こちらから電話をしたときローンが終わっていることをそこで知りました。

 

たまに乗り換えの手紙は来たりしていましたが7年という期間は長くていつ終わるのかがあやふやで、買ったときや、その後の手紙でいつ終わるのか教えて貰っても良かったなぁとかんじました。

 

現在は借金もあったり独身の時と置かれている状況も違うので買えるか不安も大きいですが、払う意思さえあれば長期ローンを組ませてくれたら是非買いたいなぁと思っています。